2019/01123456789101112131415161718192021222324252627282019/03
TOP

新垣あやせ (6)
新垣あやせ(あらがき あやせ)とは、電撃文庫の原作ライトノベル及び漫画化・アニメ化・ゲーム化作品、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の登場人物の一人である。

(CV:早見沙織)
概要
本作中心人物・高坂桐乃の同級生であり、自他共に認める親友。
中学2年生で、身長166cm、体重44Kg。スリーサイズはB80/W56/H83。
[新垣あやせが陵辱されるエロアニメ]の続きを読む
ギルティギア 蔵土縁紗夢 (5)

蔵土縁 紗夢(クラドベリ ジャム)は、2D対戦格闘ゲーム「GUILTY GEARシリーズ」に登場する架空の人物。担当声優は小森まなみ、『GUILTY GEAR Xrd REVELATOR』は松嵜麗[
[蔵土縁 紗夢(クラドベリ ジャム)は、2D対戦格闘ゲーム「GUILTY GEARシリーズ」エロ画像]の続きを読む
篠崎里香 (21)

篠崎里香
しのざきりか

ソードアート・オンライン」のリズの本名。ライトノベル『ソードアート・オンライン』の登場人物。デスゲームに巻き込まれたプレイヤーのひとり。
CV.高垣彩陽
[篠崎里香のエロ画像を集めてみた]の続きを読む
シリカ 綾野 珪子(あやの けいこ) (2)
デスゲームに巻き込まれたSAOプレイヤーのひとり。
ビーストテイマーの少女でダガー使い。
小竜・ピナを「使い魔」としているため、「竜使いシリカ」と呼ばれている。
誕生日は2010年10月4日で、SAO開始時点で12歳。
現実世界への帰還後は、《SAO生還者》を集めた学校に通っている。
[シリカ/ 綾野 珪子(あやの けいこ)]の続きを読む
Shantae

しゃんてぃ
スカイ(シャンティ) (43)
『Shantae』とは、WayForward Industries開発のアクションゲームシリーズおよびその主人公の名である。
ジーニーを母に持つ少女・シャンティの冒険を描いたアクションアドベンチャーゲームで、基本システムは『ゼルダの伝説』や『メトロイド』に近いものとなっている

基本的には主人公であるシャンティがベリーダンスを踊ることで魔法を使ったり精霊を呼び出して難関を乗り越え行くが、第3作目である『シャンティ -海賊の呪い-』ではシャンティがジーニーとしての力を失っているため、海賊たちから武器を奪って自分のものにしていく形でゲームを進めていくこととなる[1]。

『シャンティ -海賊の呪い-』の開発者であるマット・ボゾンは、「自分は日本のアニメや漫画を見て育ってきたため、シャンティシリーズ自体にも日本的な要素が多く含まれている」と話しており、『シャンティ -海賊の呪い-』では日本的な要素を強めるべく、たまたまシャンティのファンアートを投稿していた日本人イラストレーター・矢部誠(KOU)を採用したという経緯を持つ
[シャンティ(スカイ) ゲームキャラ]の続きを読む
one piece nami (ワンピース) (7)

[one piece nami (ワンピース)erogu wanda (one piece)]の続きを読む
れいな(まいてつ) (13)
2018年7月26日に、PlayStation 4に移植した『まいてつ -pure station-』がヴューズより発売された
れいな
声 - 杏子御津 / 門脇舞以
御一夜鉄道キハ07S専用レイルロオド。ハチロクより小柄の見た目や、のんびりとした言動からは想像がつかないが、かつては硬上(かたかみ)鉱山鉄道で大活躍をし、その全盛期から廃鉱までを余さずその目に焼き付けてきたという、深い人生的経験の持ち主でもある。コンや加藤雀などの動物とも心通わすことが出来る。
[れいな(まいてつ) ]の続きを読む
9d527373f46b6ee6a9bc789f380e3f8f.jpg
汎用型ブリ(アズールレーン) (14)
汎用型ブリ(アズールレーン) (13)
汎用型ブリ(アズールレーン) (12)
汎用型ブリ(アズールレーン) (11)
汎用型ブリ(アズールレーン) (10)
汎用型ブリ(アズールレーン) (9)
汎用型ブリ(アズールレーン) (8)
汎用型ブリ(アズールレーン) (7)
汎用型ブリ(アズールレーン) (6)
汎用型ブリ(アズールレーン) (5)
汎用型ブリ(アズールレーン) (5)
汎用型ブリ(アズールレーン) (4)
汎用型ブリ(アズールレーン) (4)
汎用型ブリ(アズールレーン) (3)
汎用型ブリ(アズールレーン) (3)
汎用型ブリ(アズールレーン) (2)
汎用型ブリ(アズールレーン) (1)
汎用型ブリ(アズールレーン) (2)


みんなプリンは姉ちゃんと一緒だと言ってるプリンだけど、担当の色が違うプリン?
…そういえば色ってなに?――なんか美味しそうプリン!
シャナ(灼眼のシャナ) (20)『灼眼のシャナ』とは、電撃文庫より刊行されているライトノベル著:高橋弥七郎、イラスト:いとうのいぢ。略称は「シャナ」。
本編は2011年10月に第22巻をもって、シリーズは2012年11月に短編集「S III」をもって完結した。全26巻。

前作「A/Bエクストリーム」が色々と分かりにくかったため、今回は分かりやすいものを描こうと「ボーイ・ミーツ・ガール」を目指して描かれた。
目論見通り一般受けするようになった反面、前作とかなり雰囲気が違うため、昔からのファンからは「無理やり書かされたのではないか」という声もあったらしいが、作者と昔からの馴染みである荒川弘のコラム漫画によると「燃えも萌えもどっちも好きなんだよ!」と豪語したとか。
その割には気を抜くとオッサンだらけになったり、番外編で萌えなんて欠片もなさそうなキャラをやたら優遇したり、毎回サービスシーンを入れようと頑張る担当の三木さんとそれに抵抗する作者の戦いが後書きで書かれていたりするが…だがそれがいい。
[(灼眼のシャナ)まとめ画像]の続きを読む